【成功事例】DMを使ってデビュースタイリストの指名率をアップさせる秘訣

ジュニアスタイリストから、めでたくスタイリストデビューしたスタッフの次の目標は、自分を指名してくれるお客様を増やすことではないでしょうか?

今回は、スタイリストデビューのお知らせにDMを使った成功事例をご紹介します。

 

目的と配布方法

■目的

・新しくスタイリストデビューするスタッフ2名の指名客獲得と指名数を増やすため。

・失客したお客様にキャンペーンを打ち、再来を促すため。

 
■使用したツール

実際に作成したツールがコチラ↓(スタッフ写真等はダミーに差し替えています)



普通サイズ(100mm×148mm)のDM(ポストカード)で、裏面にはデビュースタイリスト2名を大きく掲載し、他のスタッフの写真とキャンペーン内容も掲載しました。

キャンペーンは、デビュースタイリストをご指名頂いた場合と、他のスタイリストをご指名頂いた場合とで割引率を変えているところがポイントです!
デビュースタイリストをご指名頂いた時の割引率を高くすることで、指名数UPを見込みました。

■サロン情報
地域:愛知県
店舗数:1店舗
都心/郊外:郊外
地域の特徴:工場が多い地域で、男性が多く住んでいる
 

■配布方法
配布数:600枚
ターゲット:失客顧客
キャンペーン期間:2015/11/1-12/31

 

レスポンス実績

レスポンス結果は次のようになりました。

キャンペーンを開始してから6カ月間の来店を集計したものがこちらの表です。



DM600枚配布に対し36名の戻りがあったので、



レスポンス率は36÷600×100=6%と非常に高い値になりました。

折込チラシが当たったと言われる平均レスポンス率が0.3%なので、それと比較すると20倍のレスポンス率になります。ちなみに、初回来店で1番多かったメニューはカットでした。
 

失客していたお客様が戻ってきたという結果だけではなく、目的だった「デビュースタイリストの指名」も31件獲得できています。これは、デビュースタイリストと他のスタイリストで割引率を変えたことが成功要因だったと思われます。
 

また、2回目・3回目の来店に繋がっているという点にも注目です。
サロン様にお伺いした所、1回目に来店したお客様にしっかりと次回提案を行い、来店から3カ月後に次回提案した内容を手書きしさらに「次回来店10%オフします」と記載したDMを発送されたそうです。
 

集計期間が6か月なので、3回目来店・4回目来店の数は実際もっと多く、対象が失客顧客ということを考えると、戻ってきてくれたかつ固定客になったことは成功といえるのではないでしょうか。

 

最初にDMを発送して来店されたお客様の次回来店のフォローもしっかり行うことがさらに2回目・3回目の来店につながっていることが分かります。

 

このように、レスポンスをとる際は、初回来店だけでなく2回目来店・3回目来店も計測すると分析がし易いです。

 

デビュースタイリストの声

実際にこのDMを使って集客を行ったデビュースタイリストさんからは、

「一度お店を離れて戻ってきてからのスタイリストデビューだったが、アシスタント時代に顔見知りだったお客様が、私のスタイリストデビューのDMを見て戻ってきてくださりとっても嬉しかった」

 

「スタイリストデビューする前は、自分指名のお客様が来てくれるのかとても不安だったが、実際多くのお客様が私を指名してくれた。お客様に喜んでもらえるよう自分の強みを活かした接客を意識し、しっかりと次回提案を行うことで次の来店にもつなげられてよかった!」

 

という声を頂いております。

 


まとめ

いかがでしたか?

デビュースタイリストの指名獲得で悩まれているサロンや、失客の掘り起こしを考えておられるサロンはぜひ参考にしてみてください☆



≪関連商品≫

▼スタイリストデビューDM

【DM】キャンペーン_スタイリストデビュー_ヘア120-01-032

 

【DM】キャンペーン_スタイリストデビュー_ヘア120-01-029


▼スタイリストデビューチラシ

【チラシ】A4_キャンペーン_スタイリストデビュー_ヘア101-01-004

※こちらの商品はSALON PLUS(サロンプラス)に掲載していませんが、お取り扱いはございます。ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいませ。(2021年2月時点)
お問い合わせはこちら

前の記事 【活用コラム】顧客の定着化だけじゃない!メンバーズカードを使ってサロンの想いを伝える方法