【初めてガイド】ネイルサロン開業には何が必要?あると便利な集客・販促ツールまとめ[DM・名刺・カード]

プライベートな空間やこだわりのサービスを提供する、個人のネイルサロンが増えていますよね。

「自宅の一室でネイルサロンを始めたい」「いつかプライベートサロンをオープンしたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

サロン開業で良い滑りだしをきるには、お店の周知やリピートに繋げる事前の仕組み作りが肝心!

今回は、初めてネイルサロンを始める方へ開業前に揃えておきたい「紙ツール」をご紹介します。

 

目次

DMはがき(オープンのお知らせ)

名刺

ショップカード(次回予約)

まとめ

 

DMはがき 

 

既存のお客様やお世話になった方に開業をお知らせするDMはがきです。

 自宅の一室やお店の周辺が住宅街であることも多いプライベートサロンでは、大きな看板やポスターが出しにくいこともありますよね。

しっかりとお店のオープンを知ってもらうために、SNSやHPと合わせて紙ツールの活用をおすすめします♪

 

 

こちらのDMはがきは、裏面に挨拶文を掲載できるので、開業への想いや感謝の気持ちをきちんと伝えることができます。

はがき下部にあるキャンペーン内容は「行ってみようかな」と思わせるもの+お店の強みが活かせるメニューにするのがポイントです。

▶開業リニューアル周年向けDM一覧はこちら

 

名刺

サロンオーナーとしてビジネスツールである名刺は揃えておきたいですよね。

名刺はお客様とのコミュニケーションツールだけでなく、開業前に配布することでお店の宣伝にも役立ちます。

お店の住所やSNSなどお店の情報をしっかりと掲載し、サイトのQRコードを載せるなど、予約の導線作りも忘れずに行いましょう◎

▼裏面(メニュー表やSNS用など種類がございます)

SALON PLUS(サロンプラス)の名刺は文字の印刷色を選べたり絵柄の色違いも多数ございます。 名刺は自身の看板となるもの。自分好みのデザインでお気に入りの1枚を作ってみてくださいね!

 

 ▶名刺のデザイン一覧はこちら

 

ショップカード

ショップカードには名刺同様お店の情報を1枚に集約したり、顧客の定着を促すのに効果的なツールです。

メンバーズカード、紹介カードなど、カードと言っても使い方は様々ですが、施術中に電話対応が難しい個人サロンには「次回予約カード」がおすすめです。

「次回予約カード」はその場で予約が取れることで、サロン運営に重要な再来店率がアップ・リピートに繋げられる便利なアイテムです。

営業中は施術に集中できるので、お客様1人ひとりに向き合った接客をしたいという方にもおすすめです♪

 

カードは 「◯日以内にきていただくと綺麗な状態が保てます」とアドバイスを添えながらお渡しすると案内がスムーズです。

「お客様にお願いしにくい…」と感じる方もぜひ参考にしてみてくださいね。

 ▶次回予約カードのデザイン一覧はこちら

 

※「お問い合わせ内容」記入欄に希望のツールを記入ください。

商品によりサンプルのご用意がない場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はお店のオープン前に揃えておきたい、DMはがき・名刺・ショップカードをご紹介しました。

初めてネイルサロンを開業する方へ向けた「集客・販促ツール特集」はシリーズとして投稿予定です。次回もぜひご覧ください。

 

 

次の記事 渡すだけじゃない!サロンが周年ノベルティを作るメリットとポイント解説