売上目標達成への近道!3ステップでできる年間プロモーション計画の立て方

本日はサロンが実際に年間プロモーション計画を立てるときの手順をお伝えします。

 

年間プロモーション計画を立てるときの手順

計画を立てる手順は下記の3ステップです。
①サロンの1年後のビジョンを明確にする

②ビジョンを達成するための目標数値を決める

③目標数値を達成するための具体策を考える

手順だけ見ると、「年間プロモーション計画を立てるのは難しそう」「少し面倒だ」と思われるかもしれません。

今回は、初めて年間プロモーション計画を立てる方にも分かりやすく「ダイエット」を例にしてお伝えします♪

 

【ステップ1】1年後のビジョンを明確にする

例えば、ある日太った体を鏡で見て、何となくダイエットを始めるとします。

その日から、突然ダンベルを上げたり、ジムやプールに行ったりしてやみくもに体を動かしても、なかなか続かない人が多いのではないでしょうか。ダイエットが続かない理由は、ダイエットをして“どんな姿になりたいか”というビジョンを明確に持っていないからです。

今回は、例として「1年後に、今まで履けなかったサイズのスーツを着こなして、かっこいい男性を目指したい!」というビジョンがあるとします。

これをサロンに置き換えて考えてみましょう。

単純に売上げを上げたいと思い、月々の営業をしても行き当たりばったりになってしまいます。

そのためにサロンにも、1年後には「お客様にもっと喜んで欲しい」「お客様の髪がもっと美しくなるお店を作りたい」という具体的なビジョンが必要になってきます。

1年後サロンがどのような状態になりたいのかというビジョンがあって初めて、次のステップでお話する具体的な目標数値や行動目標などが決まってくるのです。

 

【ステップ2】ビジョンを達成するための目標数値を決める

先程のダイエットを例にします。

「今まで履けなかったサイズのスーツを着こなして、かっこいい男性を目指したい!」というビジョン達成のためには、ウエストを絞ったり、下半身を引き締めたりしたいですよね。

今まで履けなかったスーツを履くために、スーツのサイズに合わせて「体重を今よりも5キロ落とし、ウエストを3センチ引き締める」など具体的な数値目標を設定することで、最善なダイエット方法を考えることができます。

 これをサロンに置き換えてみます。

1年後「お客様の髪がもっと美しくなるお店を作りたい」とうビジョンを設定した際は、どのような数値を達成すればこのビジョンが叶うかを考えていきましょう。

例えば、「トリートメント比率を30%から35%にする」「再来店率を3ヶ月半から2ヶ月にする」という具体的な数値の決め方がありますね。

このように、サロンのビジョンを達成する為の目標数値があることで、次のステップでお話する具体策が決まってきます。

 

【ステップ3】目標数値を達成するための具体策を考える

ビジョンと目標数値が決まれば後は、達成するための具体的な行動内容を決めていきます。

先程のダイエットを例にした場合では、「体重を今よりも5キロ落とし、ウエストを3センチ引き締める」をいう目標数値が決まりました。これを達成するためには、食事制限をして1食500キロカロリーにする事や、毎日10キロを走るという具体策が考えられますよね。

サロンの場合でも、「トリートメント比率を30%から35%にする」「再来店率を3ヶ月半から2ヶ月にする」という目標数値達成に向けて、例えば、年間でトリートメントキャンペーンを企画し、再来店率が上がるようにDMを1人のお客様に3回お送りするという行動計画を立てます。

サロンが行う具体的な行動内容を1年間分決定したものが「年間プロモーション計画」です。

年間プロモーション計画があれば1年間の動きが前もって分かるため、行動に向けて事前準備をしっかりすることができ、キャンペーン等の効果を高める事ができます。

 

まとめ

ビジョンに基づいた年間プロモーション計画を作成することはサロンの売上目標達成への近道になります。

今まで難しそうと思っていた年間プロモーション計画作成も、ダイエットに置き換えてみると分かりやすいですよね♪

もう一度3ステップをおさらいします。

<年間プロモーション計画策定の3ステップ>

①サロンの1年後のビジョンを明確にする
②ビジョンを達成するための目標数値を決める

③目標数値を達成するための具体策を考える

今まで年間プロモーション計画を立てたことのなかったサロンはこの3ステップを、1つずつ順を追って考えていくとスムーズに年間プロモーション計画を立てることができますよ♪

この考え方はサロンの年間プロモーション以外にも、例えばスタッフの個人目標など様々な事に応用ができます。

ぜひこの考え方を使ってサロンの目標売上達成につなげて頂ければと思います。

 

前の記事 スタッフの店舗異動が決まったらやるべき4つのチェックリスト