【総まとめ】お店の周年は集客チャンス!周年の数え方・告知用ツール・感謝が伝わる周年記念品

どのお店にも必ず訪れる『周年』はお店にとって集客のチャンスです。

周年は今まで続けられたことをお客様に感謝するタイミングでありつつ、VIP顧客の囲い込みや、失客したお客様の掘り起こしといった集客のきっかけにもなるからです。

今回は周年を迎えるオーナー向けに知っておくと便利な周年ネタをまとめました。

 

<目次>

 

 

間違えやすい周年の数え方『1周年』と『1年目』

周年記念を迎えるにあたり最初に悩むのが、『1周年』と『1年目』の違いって何?ということではないでしょうか。

言い回しはとても似ていますが実は意味が異なります。

お客様に間違った案内をしないために、しっかり違いを把握しておきましょう。

 

『1周年』

まる1年経った時に使います。そのため、1周年は丸1年が経過した時なので、2年目の年が1周年という数え方になります。

 

『1年目』

まだ丸1年経っていない時に使います。例えば、4月に入社した新入社員を例に考えてみると、5月6月の途中経過は1年目という数え方になり、丸1年経ったときに1周年という数え方になります。

 

周年をお客様にお知らせする告知ツール一覧

周年をお客様にお知らせするツールはたくさんありますよね。

今回は『既存のお客様向け』と『新規・既存のお客様向け』の2つのカテゴリに分けて告知ツールをご案内します。

 

告知ツール一覧

★既存のお客様にお知らせ

来店されているお客様はカルテから住所を確認できるので、確実にお届けできるハガキやリーフレット等ポスト投函できる紙ツールがオススメです。

紙ツールはコストがかかりますが、カタチとして手元に残るのでお客様の印象に残りやすく丁寧な印象になります。

その他にもLINEでつながっている場合は、LINE@を使用するのもオススメです。

商品一覧
  • DM(ポストカード)
  • リーフレット(兼、DM)
  • 手紙
  • LINE@
  • ポスター(店内)

 

★新規・既存のお客様にお知らせ

新規のお客様は住所は分かりませんが、お店の近くに自宅や職場といった生活圏内がある方です。

ポスターでお店の周年キャンペーンを告知し、お客様がネット検索した際にきちんと情報を案内できるようにWEB媒体とセットで告知するのがオススメです。

商品一覧
  • ホームページ
  • SNS(Instagram、ツイッター・Facebook等)
  • クーポンサイト
  • ポスター(店外)



既存のお客様・新規のお客様どちらに対しても、告知ツールは複数組み合わせて使用するのがオススメです。

お客様が来店しようと意思決定する背景には複数の媒体でのタッチポイントがあります。

例えば新規のお客様であれば、お店の外観に貼ってあるポスターを見てお店の周年記念キャンペーンを知り、その後キャンペーン内容をホームページで確認し、お店の雰囲気をチェックするためにインスタを見るというような流れが予想されます。

複数の告知ツールを使用するとその分コストは増えますが、コスト重視で力を抜いてしまうとせっかくの周年イベントやキャンペーンがきちんとお客様に伝わらず成功が難しいことも。

告知ツールの特徴をそれぞれ把握しながら、「お客様はどうやって周年キャンペーンを知って来店されるだろう?」とイメージしながら必要な告知ツールを選びましょう。

 

周年のお知らせに役立つ例文集(美容室・リラクゼーションサロン・飲食店・業種問わず)

「既存のお客様向け」と「失客掘り起し向け」の2つの例文集を業種別にご紹介します。

 

美容室

【例文1】既存のお客様の定着

●●様いつもご来店ありがとうございます!

▲▲美容室は来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと(周年記念品/ヘアケアグッズ)をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

【例文2】直近で失客しているお客様の掘り起し

先日はご来店ありがとうございました!(髪のまとまりはいかがですか?/カラーの持ちはいかがですか?/周りの方の評判はいかがでしたか?)▲▲美容室は来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと周年記念品をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

リラクゼーションサロン

【例文1】既存のお客様の定着

●●様いつもご来店ありがとうございます!

▲▲サロンは来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと周年記念品をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

【例文2】直近で失客しているお客様の掘り起し

先日はご来店ありがとうございました!

(お身体の調子はいかがですか?/肩コリがひどかったですが、その後いかがですか?/お肌の調子はいかがですか?週1回スクラブを取り入れてみてくださいね♪)

▲▲サロンは来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと周年記念品をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

 

飲食店

【例文1】既存のお客様の定着

●●様いつもご来店ありがとうございます!

▲▲店は来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと周年記念品をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

【例文2】直近で失客しているお客様の掘り起し

先日はご来店ありがとうございました!

▲▲店は来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと(周年記念品をプレゼントいたします。/お好きなドリンク1杯を無料でプレゼントしております!/お友だちとご来店されると仲良し割りで10%割引をいたします!)

ご来店お待ちしております♪

 

業種問わず

【例文1】既存のお客様の定着

●●様いつもご来店ありがとうございます!

▲▲店は来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の  気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと周年記念品をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

【例文2】直近で失客しているお客様の掘り起し

先日はご来店ありがとうございました!

▲▲店は来年おかげ様で5周年を迎える運びになりました。

ただいま、日頃の感謝の気持ちを込めて、期間中にご来店いただくと周年記念品をプレゼントいたします。

ご来店お待ちしております♪

 

 

周年記念品におすすめノベルティー

ノベルティーは日常でもお店のことを思い出してもらえ、またカタチとして残るため周年記念品として人気です。

ノベルティー作りでよくある失敗がお店のロゴや住所を大きくデザインし過ぎてしまい、お客様が使いづらく結局一度も使われないというケース・・・

あくまでお客様目線にたって「本当に日常で使いやすいかな?」ということを頭に入れて制作するようにしましょう

 

コットンリネン巾着

ご注文はこちら

 

エコバッグ(小)

ご注文はこちら

 

マルシェバッグ

 

ご注文はこちら

 

スクエアハンドミラー

ご注文はこちら

 

スリムクリアボトル

ご注文はこちら

 

付箋

ご注文はこちら

 

ステッカー

ご注文はこちら

 

アイスクリームスプーン

ご注文はこちら

 

今治ハンドタオル

今治ハンドタオル

ご注文はこちら

 

リングメモ(ノート)

ご注文はこちら

 

 

 

まとめ

周年記念はいわばお店で出来る特別なお祭りのようなもの。

そして割引をして集客がしやすい機会でもあります。

例えば新規集客の際にも割引をすることが多いと思いますが、何度も割引をすると安売りになりお店のブランド価値が下がってしまいます。

 

その点、周年はお店の特別なお祭りなので、割引をしても理由がお客様に明確に分かり安売りにとらえられずブランド価値を下げずに集客がしやすいタイミングです。

 

お店の記念日は毎年あることではありません。

ぜひ周年の機会を有効活用し既存のお客様に感謝を伝えつつ、新しいお客様と出会えるようにしてみませんか?

 

ノベルティ(記念品)

 

周年記念のあいさつ例文集

お客様に感謝が伝わる!周年記念の挨拶文例集

前の記事 お店のファンがもっと増える!フォロワー数UPの秘密はアカウントの統一感